「ひぐち君の日本ワイン会」リモートワイン会〜ドメーヌモン〜が開催されました

弊会、副会長・髭男爵ひぐち君の日本ワイン会ですが、
しばらくリアルイベントはお休みしております。

代わりに、リモートにてのワイン会は、毎週行なっております。
現在、隔週では、様々なワイナリーさまをゲストにお迎えしてのオンラインイベントです。
事前に、テーマになっているワイナリーさまのワインを、皆さんが購入して、一緒に味わいながらの贅沢なオンラインワイン会になっております。

8月23日(日)は、北海道余市町にあります「ドメーヌモン」さんのリモートワイン会が行われました。

ドメーヌモンさんを経営されているのは、
山中敦生さん。

元々、茨城県出身だそうですが、
スノーボードのインストラクターとして、
北海道のスキー場に勤務。

北海道で、ワインに出会い、
そのうちに栽培したいと思うようになったそうです。

なんと、ドメーヌタカヒコさんにて、栽培と醸造を学んだとのこと。
それから、ドメーヌモンさんの設立につながります。
2016年にワイナリーを設立。

モン=山(mont)で、山中さんの山を表しているそうです。
さらに、エチケットには、山中家の家紋がデザインされているので、
その家紋のモンの意も。
さらには、曽我貴彦さんの門を出たと言う意味のモンでもあると言うことです。

ドメーヌモンさんのワインといえば、「モンペ」(ドメーヌモンさんが作ったペティアンということで、この名前に)やシードルの「モンシー」(こちらもモンさんの作ったシードルということで、この名前に)などがありますが、
農楽蔵の佐々木さんやドメーヌタカヒコの曽我さんと関わりながらの、これらのワイン誕生秘話は、オンライン会員だからこそ、聞くことのできる貴重なお話がいっぱい!

さらに、
今回のリモートワイン会に山中さんから、特別ワインのご提供があり、
入手困難な、
「モンルージュ2018」を参加者、人数限定で購入することもできました!

モンルージュは、余市町産の樹齢30年の山中さんのツヴァイゲルトとのことで、
味わいは、まさに!師匠である、ドメーヌタカヒコさんのワインに通じるニュアンスでありながら、山中さんの個性も反映された素晴らしいワインでした!柔らかな、優しさも感じる素敵なワインです♪

さらにさらに、
今回は、髭男爵ひぐち君が、入手した、
「ドングリ2018」を西麻布 遅桜にて、数量限定で飲むことができました!

ドングリは、オレンジワインに仕上げてありますが、
ピノグリでここまで色が出ていることに驚きます!
味わい深い蜂蜜感やブランデー仕込みの梅酒のような風味。
皮や渋みも感じることができ、ピノグリ感も多少感じながらも、異次元の印象のあるワインでした。

などなど、
今回も貴重なワインを味わいながら、お話を伺う機会があり、
とても贅沢なリモートワイン会となりました。

そして、このように、
毎回豪華なワイナリーゲストの方をお迎えしておりますが、
参考までに、
過去のオンラインワイン会に参加されていたワイナリーさまは、以下の通りです。
(ワイナリーさま以外にも、長野ワインの会として、花岡さまにゲスト出演していただいたこともあります。)

●カーブドッチ
●ヴィニャデオロボデガ
●長野ワインの会→クルティエ・花岡純也さま
●木谷ワイン
●香月ワインズ
●ファットリアアルフィオーレ
●ドメーヌレゾン
●ドメーヌヒデ
●ドメーヌモン

そして、次回以降のゲストワイナリーさまは、

9/6(日)岩の原葡萄園
9/19(土)シャトージュン

こちらも見逃せませんね!

ひぐち副会長のこちらの日本ワイン会は、随時会員を募集しております。

https://lounge.dmm.com/detail/1486/?fbclid=IwAR2enV-0yvf8azRg1gp4GMW9756emcO6tP8eaP_hMfiLgnEfv2tMEr4wOvQ

ぜひ、皆さんで日本ワインを応援、輪を広げながら、楽しみましょう!!

News Data

「ひぐち君の日本ワイン会」リモートワイン会〜ドメーヌモン〜

「日本のワインを愛する会」入会申込

登録無料

入会申込フォーム

About Charter Member 日本のワインを愛する会・チャーターメンバー

日本のワインを愛する会は、チャーターメンバー(創立会員)諸氏による篤志によって、新しい一歩を踏み出しています。会の活動は、いわば社会的文化的活動。メンバーのみなさまは、その志に共感いただき、新しい組織をその誕生から見守り、今後ぞくぞくと展開される新たな活動を支えていただく方々なのです。日本のワインを愛する会の「チャーターメンバー」は、原則ご紹介による参画を原則としています。システム等のお問い合わせに関しては、下記より事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。