「くずまきワインパーティー in YOKOHAMA」が開催されました

日本のワインを愛する会ボードメンバーの宮坂佳奈(2018ミス・ワイン準グランプリ)です。
2020年1月28日に横浜のクルーズクルーズにて開催された
「くずまきワインパーティーinYOKOHAMA」
に参加してまいりました。
弊会会長、辰巳琢郎が来賓として登壇
自然のエネルギーを感じる葛巻町やワインの良さのお話の他、日本のワイナリーが300件超える中これからいかに日本のワインを海外へ発信していくかなどのお話をしました。
途中から副会長の樋口くんも登壇し
日本のワインを愛する会のPRも。
一人一人が
日本のワインを通じてその産地や生産者、ワインの原料となる葡萄に興味を持ち少しでも地域活性化に繋がれば嬉しいですね。
そのためにも日本のワインを愛する会では
積極的な情報を発信していきます
今回のパーティーは
「Zero Carbon Yokohama」の実現に向けて 脱炭素社会の実現を目指して横浜市と12の市町村が再生可能エネルギーに関する連携協定を締結したうちのひとつ岩手県葛巻町にある株式会社岩手くずまきワインが主催でした。
地元の方ならではの、
ヤマブドウブランデーのヤマブドウジュース割や、ヤマブドウジュース×ヨーグルトなど
ワインとしても美味しい品種の新しい飲み方も新発見でした。
また、当日用意された食事は
岩手県産の食材を使用したもので
素材を生かした優しい味付けと
くずまきワインの相性は最高で
食中酒としてのワインを多くの皆様が楽しんでいました。
普段ワインを飲まない方、日本のワインは手に取らない方もいらっしゃり
色々お話させていただいたのですが
普段は苦手だけど、このワインはいいね
日本のワインて本当に美味しくなったんだね
という声を聞き
このようなパーティーを通してファンが増えていくのだなと感じました。
普段お目にかかることが出来ないプレミアムなワインもありました
セパージュが秘密というミステリーなワインと
樽熟2年のヤマブドウのワイン。
辰巳会長、副会長の樋口くん共に
ご来場の皆様とも積極的に話しており
私も多くの皆様とお話させていただきました。
あらためて日本ワインの良さを感じた夜でした。

News Data

「日本のワインを愛する会」入会申込

登録無料

入会申込フォーム

About Charter Member 日本のワインを愛する会・チャーターメンバー

日本のワインを愛する会は、チャーターメンバー(創立会員)諸氏による篤志によって、新しい一歩を踏み出しています。会の活動は、いわば社会的文化的活動。メンバーのみなさまは、その志に共感いただき、新しい組織をその誕生から見守り、今後ぞくぞくと展開される新たな活動を支えていただく方々なのです。日本のワインを愛する会の「チャーターメンバー」は、原則ご紹介による参画を原則としています。システム等のお問い合わせに関しては、下記より事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。