勝沼ワイナリーズクラブ主催 「厳選勝沼ワインを楽しむ会」 が開催されました

1月25日土曜日に
山梨県甲府市の常盤ホテルにて
勝沼ワイナリーズクラブ主催
「厳選勝沼ワインを楽しむ会」
が開催されました。

勝沼ワイナリーズクラブは、千年以上の歴史があるともいわれるブドウの産地「勝沼」の甲州ブドウを守る為に1987年に結成され、今年で34年目を迎えました。

 

産地勝沼を大切にしながら、ごまかしのない企業姿勢を遵守しています。

クラブ員は勝沼産ブドウを85%以上使用しなければ社名に勝沼を使用できません。また甲州と謳うには甲州100%のワインでなくてはならいと決めています。

 

クラブで開発したオリジナルの勝沼ボトル使用条件として、勝沼町産甲州100%かつ品質審査会に合格したワインと定められており、これは原料ブドウの産地とワインの品質を保証する日本で最初の制度となっています。

 

このように、クラブのメンバー全員で、「ぶどう産地=ワイン産地」という、風景のあるワイン造りを目指しています。

 

「厳選勝沼ワインを楽しむ会」は、産地「勝沼」のワインと「山梨の食とのマリアージュ」をテーマにしており、来場の皆様には厳選された勝沼ワインと、山梨の食材を使った和食の相性を存分にお楽しみいただきました。

特に、これから山梨の名産品となる富士の介と勝沼ワインのマリアージュには皆さま感動されておりました。

世界的ソムリエであり、ワイン県副知事でもある田崎真也さんも駆けつけてくださり、会場を盛り上げてくださいました。
また、普段話すことのできないワイナリーの皆様とのふれあいやワインへの質問をされる方も多く終始笑顔の絶えない素晴らしい会となりました。
左から

株式会社くらむぼんワイン野沢たかひこさん

原茂ワイン株式会社山崎紘央さん
蒼龍葡萄酒株式会社鈴木卓偉さん
中央葡萄酒株式会社三澤茂計さん
錦城葡萄酒株式会社高埜よしみさん
丸藤葡萄酒工業株式会社大村春夫さん
白百合醸造株式会社内田多加夫さん
メルシャン株式会社神藤亜矢さん
来賓の挨拶
田崎真也さん
会場の様子
甲州種のワイン
各社の代表によるサーブの様子。
貴重なお話も聞けました。
ご挨拶
山本博さん
閉会の辞
大村春夫さん
2018 Miss Wine準グランプリで弊会ボートメンバー宮坂佳奈さんと田崎真也さん
高埜さん、宮阪さん、神藤様さん
ワインをいただきながら司会を務める宮坂さん
9名の着付けを担当してくださいました。

News Data

「日本のワインを愛する会」入会申込

登録無料

入会申込フォーム

About Charter Member 日本のワインを愛する会・チャーターメンバー

日本のワインを愛する会は、チャーターメンバー(創立会員)諸氏による篤志によって、新しい一歩を踏み出しています。会の活動は、いわば社会的文化的活動。メンバーのみなさまは、その志に共感いただき、新しい組織をその誕生から見守り、今後ぞくぞくと展開される新たな活動を支えていただく方々なのです。日本のワインを愛する会の「チャーターメンバー」は、原則ご紹介による参画を原則としています。システム等のお問い合わせに関しては、下記より事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。