「ひぐち君の日本ワイン会」オフ会vol.10が開催されました

日本のワインを愛する会、副会長の髭男爵ひぐち君による、「ひぐち君の日本ワイン会」オフ会vol.10が、9月22日に都内某所にて行われました。

今回は第10回目の開催です。

「2000円以下の日本ワイン」がテーマ♪

日本全国から、集めに集めた、
デイリーワインに最適な2000円以下の日本ワインが大集合!
今回は、なんと!34本飲み比べになりました。

さらに、今回は、貴重なゲストの方にもお越しいただきました。
レギュラーゲストのソムリエ大山さんに加え、

ワイナリーゲストとして、
サッポロ グランポレールの高久さん。

シャトージュンの道間さん。

それぞれ、ご自慢の自社ワインもお持ちいただきました♪

サッポロ グランポレールさんからは、
●エスプリド ヴァン ジャポネ 泉(白)2018
●余市 ツヴァイゲルトレーベ 2017
●甲斐ノワール 2017


エスプリド ヴァン ジャポネ 泉(白)2018は、日本ワインコンクールにおいて、
3年連続の銀賞・部門最高賞、コストパフォーマンス賞を受賞しています。
また、グランポレールシリーズ約30種あるなかで、3番目から4番目に売れているワインとのこと。
フレンド比率は、甲州75%、ケルナー15%(飲みやすさ、フルーティーさ、アロマティックな香りを付与するため)マスカットオブアレキサンドリア10%(華やか、親しみやすい甘みを最後にかんじられるワインになった)とのことで、かなりブレンドにこだわったワインであることがわかります♪
価格も1500円と、かなりコスパの良い、うれしいワインですね!

シャトージュンさんからは、
無原罪の聖母 白。

19世紀のフランスの画家である、ジャン=フランソワ・ミレーの絵画、
「無原罪の聖母」をエチケットに使用したなんとも崇高なワイン。
基本、地元山梨県でしか流通していないという貴重なワインです♪
ブドウは甲州100%で、酸はしっかりめ。
芯の通った、凛とした、スマートな白ワイン。
絶対的に和食に合う印象で、塩をふった焼き魚にすだちをしぼったお料理といただきたい!
そんな印象を持ちました。

ゲストワイナリーさんのワイン以外にも、
ほんとにいろいろな種類の2000円以下の日本ワインとの出会いがありましたが、
つくづく、日本ワインのレベルの高さには驚きの連続でした♪
ぜひ気軽に、多くの方々のデイリーワインとして、
日本ワインが当たり前のように、食卓に上がることを願いつつ⭐️

今回の日本ワインラインナップはこちら!

ドメーヌ オヤマダ
・BOW! 2018
ドメーヌ ポンコツ
・おやすみなさい 2018
共栄堂
・K18AK_DD
中央葡萄酒
・グリド甲州 2018
ダイヤモンド酒造
・THE KOSHU 2017 Demi-Sec
シャトージュン
・無原罪の聖母 白
シャトー メルシャン
・山梨甲州 2016
サントリー
・ジャパンプレミアム 甲州 2018
勝沼醸造
・甲州 ヴィンテージ 2018
イケダワイナリー
・樽熟 甲州
ルミエール
・甲州 シュールリー 2017
盛田甲州ワイナリー
・シャンモリ 山梨 甲州 2018
まるき葡萄酒
・まるき甲州 2018
本坊酒造 マルス山梨ワイナリー
・甲州 オランジュ グリ 2018
塩山洋酒醸造
・ザルツベルク 甲州 2018
甲斐ワイナリー
・かざま甲州 やや甘口 2017
kidoワイナリー
・城戸オータムカラーズ ヴェルデレー 2018
いにしぇの里葡萄酒
・シンア 2018
新鶴ワイナリー
・スチューベン 2018
シャトー酒折ワイナリー
・マスカットベーリーA 樽熟成 2015
白百合醸造 ロリアン
・セラーマスター マスカットベーリーA 2017
丹波ワイン
・てぐみ マスカットベーリーA 2018
井筒ワイン
・NAC メルロー 2017
五一わいん 林農園
・草生栽培無添加ワイン メルロ 2017
グランポレール
・余市 ツヴァイゲルトレーベ 2017
・エスプリ ド ヴァン ジャポネ 泉(白) 2018
・甲斐ノワール 2017
アルプス (塩尻市)
・ミュゼ ドゥ ヴァン ブラッククイーン NAC 2017
都農ワイン
・キャンベルアーリー
ココファームワイナリー
・農民ロッソ 2018
河内ワイン
・金徳葡萄酒 デラウェア 2018
タケダワイナリー
・ペティアンブラン
ヒトミワイナリー
・h3 イッカク 2018
高畠ワイナリー
・嘉 スパークリング シャルドネ

News Data

イベント名

「ひぐち君の日本ワイン会」オフ会vol.10

「日本のワインを愛する会」入会申込

登録無料

入会申込フォーム

About Charter Member 日本のワインを愛する会・チャーターメンバー

日本のワインを愛する会は、チャーターメンバー(創立会員)諸氏による篤志によって、新しい一歩を踏み出しています。会の活動は、いわば社会的文化的活動。メンバーのみなさまは、その志に共感いただき、新しい組織をその誕生から見守り、今後ぞくぞくと展開される新たな活動を支えていただく方々なのです。日本のワインを愛する会の「チャーターメンバー」は、原則ご紹介による参画を原則としています。システム等のお問い合わせに関しては、下記より事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。