≪ぶどう栽培≫ 
「ワインづくりは農業なり」を信念に、天橋立を臨む場所でワイン用ぶどうの栽培を行っています。
ぶどう栽培はヨーロッパのワイン産地と同じ垣根仕立てで行い、限りなく自然栽培に近づけるため除草剤などは一切使用せず減農薬に取り組んでいます。
肥料にはカキ殻や牛糞堆肥などの有機肥料のみを使用しています。特にカキ殻は有機石灰肥料としてだけではなく、排水性を向上させるためにも常に畑に散布しております。
また、ぶどう畑ではヨーロッパ製のワイン用ぶどう畑専用の大型機械などを導入するなど生産効率の向上を目指しています。

≪ワインづくり≫
天橋立ワインの特徴は、
①原料は国産生ぶどう100%
②フレッシュ&フルーティーなワイン造りの為に加熱殺菌処理はしない“生ワイン”
③辛口ワインは、タンクや樽で熟成したワインの澄んだ部分のみをフィルターでろ過せずに、おいしさをそのまま瓶詰します。
④酒石(ワインのダイヤモンドと呼ばれる結晶)が出来る事がある。
天橋立ワインは、良質のワインに欠く事の出来ない酸を充分含んでいる為、酒石の出ることもありますが、100%生葡萄酒の証明です。
天橋立ワインは飲みやすい甘口ワインから熟成型の本格的な辛口ワインまで多彩な品揃えがありますが、最大の特徴は生ぶどう100%、加熱処理を施さない“生ワイン”であることです。

≪ワイナリー建物≫
 ワイナリーは瓦葺きの屋根、土壁、古材の柱などを使い、古い日本家屋を再現しております。正面の玄関を入るとガラス越しにドイツ製の醸造タンクや瓶詰め室、地下セラーが見学できる他、ここでしか飲めない発酵途中の赤ワイン「フェダーロータ」を楽しむことができます。

Winery Data

住所

京都府宮津市字国分123番地

TEL・FAX

TEL:0772-27-2222
FAX:0772-27-2223

営業時間

10:00-17:00
定休日:水曜定休

ワイナリー見学

見学可

主要ブランド名

白:こだま
赤:茜

取扱ぶどう品種

サペラヴィ
セイベル13053
ヴェルデレー(セイベル9110)

醸造責任者

土肥 剛

土壌の特徴

ぶどう栽培は全て垣根仕立てで行い、限りなく自然栽培に近づけるため除草剤などは一切使用せず減農薬に取り組んでいます。
肥料はカキ殻や牛糞堆肥などの有機肥料のみを使用しています。
特にカキ殻は目の前の阿蘇海から環境浄化の為に廃棄されるカキ殻を使用し、石灰質肥料としてだけではなく、排水性を向上させる効果もあることから常に畑に散布しております。

「日本のワインを愛する会」入会申込

登録無料

入会申込フォーム

About Charter Member 日本のワインを愛する会・チャーターメンバー

日本のワインを愛する会は、チャーターメンバー(創立会員)諸氏による篤志によって、新しい一歩を踏み出しています。会の活動は、いわば社会的文化的活動。メンバーのみなさまは、その志に共感いただき、新しい組織をその誕生から見守り、今後ぞくぞくと展開される新たな活動を支えていただく方々なのです。日本のワインを愛する会の「チャーターメンバー」は、原則ご紹介による参画を原則としています。システム等のお問い合わせに関しては、下記より事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。