栃木 栃木 tochigi

ココ・ファーム・ワイナリー COCO FARM & WINERY

1950年代に開かれた山の葡萄畑の麓のココ・ファーム・ワイナリーでは、100%日本の葡萄からワインをつくっています。自家畑では除草剤や化学肥料は一切使わず、醸造場での醗酵も天然の野生酵母や野生乳酸菌が中心。“こんなワインになりたい”という葡萄の声に耳を澄ませ、その持ち味を生かすことを大切にしています。ワインショップではワイナリー見学(¥500)やテイスティング(¥500)も体験可能。併設のカフェでは自家製ワインと地元のとれたての食材を使った料理を楽しめます。

Winery Data

住所

栃木県足利市田島町611

TEL・FAX

TEL : 0284-42-1194
FAX : 0284-42-2166

営業時間

ワインショップ 10:00〜18:00
カフェ 11:00〜17:30L.O.
定休日:年末年始(12/31〜1/2)、1月第3月曜から5日間、11月収穫祭前日

ワイナリー見学

見学可能(お一人様¥500、1日3回 10:30〜、13:00〜、15:00〜)

主要ブランド名

第一楽章、NOVO

取扱ぶどう品種

自家畑 : マスカット、ベリーA、リースリング・リオン、小公子、カベルネ・ソーヴィニョン

醸造責任者

柴田 豊一郎

土壌の特徴

山の南西斜面を開墾した畑。礫(こいし)混じりの20cm~100㎝ある壌土の下は、根が入り込むことが出来る砕屑岩(さいせつがん)類、チャート、玄武岩 (げんぶがん)、メランジ (melange)などで構成された頁岩(けつがん:shale)からできています。これらの岩石は、ジュラ紀に海溝の底に溜まった岩石が地殻変動により押し上げられて形成されたものです。ジュラ紀の岩と岩の間にしっかり根を張る葡萄の根は、こころみ学園の自家畑の特徴です。

「日本のワインを愛する会」入会申込

登録無料

入会申込フォーム

About Charter Member 日本のワインを愛する会・チャーターメンバー

日本のワインを愛する会は、チャーターメンバー(創立会員)諸氏による篤志によって、新しい一歩を踏み出しています。会の活動は、いわば社会的文化的活動。メンバーのみなさまは、その志に共感いただき、新しい組織をその誕生から見守り、今後ぞくぞくと展開される新たな活動を支えていただく方々なのです。日本のワインを愛する会の「チャーターメンバー」は、原則ご紹介による参画を原則としています。システム等のお問い合わせに関しては、下記より事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。