株式会社はこだてわいん

はこだてわいんは1973年「駒ケ岳酒造」として設立しました。以来、葡萄からつくる本格的なワインはもちろんのこと、大地の恵みである様々な果物を原料としたフルーツワインを造ってまいりました。現在、多様化する国産ワイン市場において、いかにして個性を確立するか、オリジナリティーを目指すかが問われています。北の大地「北海道」の企業として、常に「開拓者」であることを意識しつつ、日本人の味覚に合う「日本のワイン」を目指しています。私たちは、ワインづくりを通じて、お酒のもつ魅力をお客様に伝え、函館発の食文化として“はこだてわいん”を提案していきます。

Winery Data

住所

北海道亀田郡七飯町字上藤城11番地

TEL・FAX

TEL:0138-65-8115
FAX:0138-65-8249

営業時間

10:00-18:00

ワイナリー見学

見学可(要予約)

主要ブランド名

北海道100シリーズ、しばれわいん 他

取扱ぶどう品種

ピノ・ノワール、ケルナー、ミュラートルガラ、バッカス、ドルンフェルダー 他

醸造責任者

西村 真

土壌の特徴

契約農園は余市町にあります。海の見える風通しの良い登地区と、内陸型で日中湿度の高い沢町地区を使い分けています。

「日本のワインを愛する会」入会申込

登録無料

入会申込フォーム

About Charter Member 日本のワインを愛する会・チャーターメンバー

日本のワインを愛する会は、チャーターメンバー(創立会員)諸氏による篤志によって、新しい一歩を踏み出しています。会の活動は、いわば社会的文化的活動。メンバーのみなさまは、その志に共感いただき、新しい組織をその誕生から見守り、今後ぞくぞくと展開される新たな活動を支えていただく方々なのです。日本のワインを愛する会の「チャーターメンバー」は、原則ご紹介による参画を原則としています。システム等のお問い合わせに関しては、下記より事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。