弊会主催「令和元年夏の例会」が開催されました Japanese Wine Party in Summer 2019 at Hyatt Place Tokyo Bay

令和元年夏の例会
無事開催されました

8月31日、「日本のワインを愛する会」令和になって初めての例会が、ハイアットプレイス東京ベイにて開催されました。

 第1部はルーフトップバーにて、心地よい海風とともに、沈みゆく夕日を眺めながらのアペリティフ。ここで重要なのは何と言ってもお天気です。
当日になって天気予報に小さな傘マークがついてしまいましたが、憂いなしの晴れ男、辰巳会長がまたしても晴れをもたらしました
(梅雨真っ只中の長野ワイナリーツアーの際にも大雨からドピーカンへの奇跡がありました)。
約80名の参加者の中には、艶やかな浴衣をまとった淑女紳士も多数いらっしゃり、会に一層の色を添えます。
そしてウェルカムドリンクは辰巳琢郎プロデュースのスパークリングワイン「今様」。青い空に山ぶどうの赤色が映えますねー。


キリリと冷やして飲むと、柔らかい甘みが心地いい今年の「今様」はセック。(発売日はまだ未定だそうです)


アウトドアにはよく冷えたスパークリングや白を中心に。都心ではあまり見かけることのない一升瓶ワインも。

アペリティフのお供は気軽につまめるフィンガーフード

ゆるゆるとフィンガーフードをつまみながら杯を重ね、日が傾きかけた頃、会はクライマックスを迎えます。
総合司会は当会副会長の髭男爵ひぐち君。「ルネッサーンス!じゃない方の、」と自虐ネタで会場を盛り上げると、
辰巳会長からは「今日本ワインはブームと言われているけれどまだまだこれから。
来年のオリンピックでのインバウンド効果も期待しつつ、日本ワインを日本の文化に!」の意気込み発言で乾杯!

夕景をバックに乾杯!辰巳会長、ひぐち副会長着用の浴衣はコシノジュンコさんデザイン

いくつかの造り手もいらっしゃいました。
鹿児島で銘焼酎「富乃宝山」を造る西酒造の西社長、舟木さん
現在ニュージーランドでURLARというブランドのワインを造っていて、今回はソーヴィニョン・ブラン、ピノ・ノワール、貴腐ワインを持って来ていただきました。
辰巳会長プロデュースの「今様」を手がけるキッコーマンの茂木さん、広島の三次ワイナリーからは沖田さん、仙台の秋保醸造所からは先久さん、
遠いところからありがとうございました!

西酒造の西洋一郎社長(辰巳会長隣)と舟木茂氏(ひぐち君隣)

キッコーマンの茂木篤氏

三次ワイナリーの沖田一希氏

秋保ワイナリーの先久尚文氏

豪華なゲストも大きな花を添えました。作曲家の千住明さん、タレントの神田うのさん、橋本環奈さん、フリーアナウンサーの宇賀なつみさん、
人気You Tuberのゆきりぬさん、2018準ミスワインの宮坂佳奈さん、2018ミスワインファイナリストの三浦未貴さん、ソプラノ歌手の辰巳真理恵さん(会長の娘さんです)
お忙しい中いらしていただき感謝いたします。

左から千住明さん、辰巳真理恵さん、神田うのさん、辰巳会長

ゆきりぬさん(左端)

宮坂佳奈さん

三浦未貴さん(右側)

日もとっぷりくれた夜7時、場所を1Fのギャラリーキッチンに場所を移し、第2部のスタートです。
目玉は何と言っても「今年の日本ワインコンクール金賞ワイン21種を全部飲む!」。入手困難なレアワインとホテル自慢のお料理を楽しみました。
なお、ウェルカムドリンクは銀賞(部門最高賞)の安心院スパークリングワイン(大分・安心院葡萄酒工房)でした。

金賞ワインは以下のとおり

★欧州系品種白
*部門最高賞 ミュゼドゥヴァン エトワール塩尻ソーヴィニョン・ブラン ナイトハーベスト(長野・アルプス)
*高山村シャルドネ樽熟成(長野・安曇野ワイナリー)
*WOODYFARM&WINERY Chardonnay(山形・蔵王ウッディファーム)
*ルバイヤート シャルドネ「旧屋敷収穫」(山梨・丸藤葡萄酒工業)
*高畠ワイナリー バリックシャルドネ樫樽熟成(山形・高畠ワイナリー)

★甲州
*部門最高賞・コストパフォーマンス賞 島根わいん 縁結 甲州
(島根・島根ワイナリー)
*源作印 甲州 シュール・リー(埼玉・秩父ワイン)
*シャトー・メルシャン 岩出甲州きいろ香 キュベ・ウエノ
(山梨・シャトー・メルシャン)
*まるき甲州(山梨・まるき葡萄酒)

★欧州系品種赤
*部門最高賞 シャトー・メルシャン 鴨居寺シラー(山梨・シャトー・メルシャン)
*伊豆プティ・ヴェルド(静岡・中伊豆ワイナリー)
*ミュゼドゥヴァン ダイナスティ塩尻メルロー&カベルネ・フラン
(長野・アルプス)
*エステートゴイチ メルロ 柿沢(長野・林農園)
*月虎メルロー(山形・月山トラヤワイナリー)
*シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー
(山梨・シャトー・メルシャン)
*シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー(山梨・シャトー・メルシャン)

★国内改良等品種赤
*部門最高賞 NAC マスカットベーリーA[遅積み](長野・井筒ワイン)
*コストパフォーマンス賞 高畠ワイナリー ラスティック マスカット・ベーリーA(山形・高畠ワイナリー)
*フジクレール マスカットベーリーAラシス(山梨・フジッコワイナリー)
*月山山麓醸造 マスカット・ベーリーA樽熟成(山形・月山トラヤワイナリー)
*シャトー・メルシャン 山梨マスカット・ベーリーA(山梨・シャトー・メルシャン)

上記にロゼ部門最高賞のサントリー塩尻ワイナリー メルロロゼ
(長野・サントリーワインインターナショナル)を加えた23種類を提供しました。


金賞白ワインの他にウェウカムドリンクのスパークリングと+銀賞ロゼワインが色を添えました

金賞赤ワイン


ボリューミーな海の幸・山の幸

乾杯は辰巳真理恵さんとバリトンの田中俊太郎さんによる文字通りの「乾杯の歌」で会場内は大盛り上がり。
さらに、のだめカンタービレの吹き替えもされていたピアニストの川田健太郎さんの飛び入り演奏(ラフマニノフ鐘/ショパンノクターン)、
画家の笹倉鉄平さん、東大王、水上颯さんも加わり贅沢極まった雰囲気に包まれました。


第2部はゆっくりと着席で。

乾杯!


参加者もスタッフも乾杯!


川田健太郎氏の飛び入り演奏


画家、笹倉鉄平さん


フリーアナウンサー、宇賀なつみさん

東大王、水上颯さん


司会のひぐち副会長とみなさまにワインをサーブして回りつつ会全体を統括してくれた藤森副会長

楽しい時間はあっという間。名残惜しみつつ、会長のこの挨拶で御開きとなりました。
「日本ワインと一言で言っても高級なものからカジュアルなものまで様々なレンジがあるんです。
だからいろいろな飲み方ができるのが魅力。今回のようなシーンもありだし、もっと気軽なワイン会があってもいい。
みなさんフレキシブルに楽しんでください!」

なお、当日は辰巳会長のワイン番組「葡萄酒浪漫」(BSテレ東)の取材が入り、この模様は11月ごろ放送される予定です。
OA日程決まりましたら当会のメールマガジンでお知らせしますね。

最後においでくださった皆様、快く協力してくださったホテルの皆様
本当にありがとうございました。

次回の例会もお楽しみに!

「日本のワインを愛する会」入会申込

登録無料

入会申込フォーム

About Charter Member 日本のワインを愛する会・チャーターメンバー

日本のワインを愛する会は、チャーターメンバー(創立会員)諸氏による篤志によって、新しい一歩を踏み出しています。会の活動は、いわば社会的文化的活動。メンバーのみなさまは、その志に共感いただき、新しい組織をその誕生から見守り、今後ぞくぞくと展開される新たな活動を支えていただく方々なのです。日本のワインを愛する会の「チャーターメンバー」は、原則ご紹介による参画を原則としています。システム等のお問い合わせに関しては、下記より事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。