2020年 サントリーワインインターナショナル(株)事業方針説明会

 サントリーワインインターナショナル(株)の今年の事業方針説明会が121日開かれ、代表取締役社長の宮下敏氏が会見しました。
 同社は、登美の丘ワイナリー、塩尻ワイナリー、資本参加する岩の原葡萄園を運営する日本ワイン事業のほか、シャトー・ラグランジュなど海外のワイナリー経営、
ファインワインのインポート、国産カジュアルワイン(国内製造ワイン)の製造・販売など、サントリーホールディングス(株)のワイン事業部門を担っています。
 その中で「日本ワイン」の今年の事業方針を『質・量の向上に向けた取組』として、登美の丘と岩の原ワイナリーの自社畑31haに加え、
長野県(塩尻市、立科町、坂城町)と山梨県(中央市、甲斐市)に新たに農業生産法人を活用した国産ぶどうを拡大し、
2025年までに67ha2019年比1.5倍)にする計画を発表しました(他にも青森県、山形県、長野県、山梨県にも契約農家あり)。
(このくだりは、当会会長のラジオ番組「辰巳琢郎の一緒に飲まない?」でゲストとして出演くださった
同社執行役員、渡辺直樹氏が詳しくお話しされていますので、こちらも合わせてお読みください。
 また、2018年は近年の日本ワインの人気の高まりに加え、同社の日本ワインが国内外のコンクールで受賞したことも追い風となり、対前年比119%と好調でしたが、
2019年は対前年比が72%、岩の原葡萄園を除くと54%に留まりました。在庫と新商品のバランスが取れなかったのが原因とのことですが、
今年度はこれを修正し前年比114%(岩の原を含めると126%)、1.3倍増を目指すと決意を新たにしました。
 日本ワインファンにとって嬉しいのは、今年はワイナリーツアーやセミナーなどにも対応している「登美の丘ワイナリー」をさらに活性化させる計画があるそうです。
訪れる楽しみがさらに増えそうですね。

News Data

「日本のワインを愛する会」入会申込

登録無料

入会申込フォーム

About Charter Member 日本のワインを愛する会・チャーターメンバー

日本のワインを愛する会は、チャーターメンバー(創立会員)諸氏による篤志によって、新しい一歩を踏み出しています。会の活動は、いわば社会的文化的活動。メンバーのみなさまは、その志に共感いただき、新しい組織をその誕生から見守り、今後ぞくぞくと展開される新たな活動を支えていただく方々なのです。日本のワインを愛する会の「チャーターメンバー」は、原則ご紹介による参画を原則としています。システム等のお問い合わせに関しては、下記より事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。