【ワイナリーイベント】たてしなップルワイナリー 初蔵開き祭り2019 開催!

長野県の立科町に誕生した、たてしなップルワイナリー。
このたび、初蔵開き祭りを開催!
今春に醸造を開始したアップルシードルのファーストヴィンテージのお披露目などがございます♪

********************************************************************************************************
たてしなップルは2004年設立以来、自社農園で栽培した高糖度の完熟ふじりんごを使いジュースやシードルなど様々な加工品を販売すると共に、地元・立科町の特産品である”りんご”のPRや消費の普及に取り組んできました。
りんごの加工食品からスタートし、およそ15年。
今では根強いリピーターから贈答品として親しまれるまで商品としての人気が高まり、
老若男女問わず幅広い世代に愛されております。

中でも「たてしなップル シードル」は国内有数のソムリエが審査員を勤め、長野県が自信を持って推奨する認定制度『長野県原産地呼称管理制度』を毎年受賞するほど長野県を代表するシードルになりました。
そこで、たてしなップルでは現在委託で醸造しているシードルを6次産業化の一環として、立科町初となるワイナリー たてしなップルワイナリーを建設。
2019年2月4日(月)に酒造免許を取得し、この春、いよいよ本格的な醸造を開始。
地域の委託醸造も請け負い立科町ワイン&シードルブランドを確立すべく
たてしなップルワイナリーの挑戦がスタートします。

News Data

日時

2019年9月28日(土)
13時〜16時

場所

たてしなップルワイナリー
長野県北佐久郡立科町牛鹿699-12

「日本のワインを愛する会」入会申込

登録無料

入会申込フォーム

About Charter Member 日本のワインを愛する会・チャーターメンバー

日本のワインを愛する会は、チャーターメンバー(創立会員)諸氏による篤志によって、新しい一歩を踏み出しています。会の活動は、いわば社会的文化的活動。メンバーのみなさまは、その志に共感いただき、新しい組織をその誕生から見守り、今後ぞくぞくと展開される新たな活動を支えていただく方々なのです。日本のワインを愛する会の「チャーターメンバー」は、原則ご紹介による参画を原則としています。システム等のお問い合わせに関しては、下記より事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。