日本ワインの夜明け ~日本ワインのこれからを考える~

日本ワインの夜明け ~日本ワインのこれからを考える~

茨城県つくば市のワインの街づくりプロジェクトの一環として、つくば市と筑波大学との共催によるワインイベントを実施します。国内外からトップクラスの3名の専門家をお呼びして、こらからの日本ワインを考えるワークショップです。

第1部ではそれぞれの立場で、日本ワインについて講演してもらいます。

1.「世界の新興産地事例を参考にした日本ワインのこれから」
フランスボルドーから国際的なワインコンサルタント兼ボルドー・サイエンス・アグロ教授 Guilherme氏

2.「シャトー・メルシャンの挑戦と考え方」
シャトー・メルシャン 勝沼ワイナリー長 田村氏

3.「日本ワインの現状と課題」
酒類総合研究所 理事長 後藤氏

第2部ではつくば市の生産者であるビーズニーズヴィンヤーズの代表今村氏を交えて「日本ワインのこれから」についてパネルディスカッションを行います。参加無料です!ここでしか聞けない豪華な内容となっています。ご興味ある方はぜひ参加して下さい!

News Data

主催者

つくば市、筑波大学

開催日時

2019/02/10
14:00(13:30開場)~17:00

開催場所

筑波大学 春日エリア 情報メディアユニオン ホール
(茨城県つくば市春日1-2)
つくばエクスプレス つくば駅 A2出口から徒歩8分

会費

無料(無料駐車場有)

定員数

100人

対象

一般消費者向け、業界関係者向け

「日本のワインを愛する会」入会申込

登録無料

入会申込フォーム

About Charter Member 日本のワインを愛する会・チャーターメンバー

日本のワインを愛する会は、チャーターメンバー(創立会員)諸氏による篤志によって、新しい一歩を踏み出しています。会の活動は、いわば社会的文化的活動。メンバーのみなさまは、その志に共感いただき、新しい組織をその誕生から見守り、今後ぞくぞくと展開される新たな活動を支えていただく方々なのです。日本のワインを愛する会の「チャーターメンバー」は、原則ご紹介による参画を原則としています。システム等のお問い合わせに関しては、下記より事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。